製造工程

1 原料粉末

当社の製品は様々な金属粉末を主原料としています。良質の製品を生産するには良質な原料を選ぶことから始まります。製造経歴によって生じる各種粉末の性質(純度・形状・粒度)は、以後の生産工程である成形、焼結工程の操作に影響を及ぼし、また製品の機械的、物理的性質も左右するため製品の使用用途、要求特性に応じて適応したものを選択します。

2 混合

当社では原料粉末であるFe,Cu,Sn,Zn等の金属粉末を様々な混合機をもちいて異なる原料粉末が均一に混ざり合うようにします。

3 成形

混合された金属粉末を成形機をもちい金型で上下方向から圧縮し所定の形状寸法及び密度を与えます。

4 焼結

成形された圧粉体を所定の温度で加熱し、圧粉体を構成する金属粉子同士を結合させ強度を与えます。
メカニズム

4 焼結

加熱を始めるとやがて各粒子内の原子は運動を活発に始め、粒子の表面に沿って移動し粒子同士がくっついている箇所に集まります。(表面拡散)そこにネックというものを形成します。原子は最初粒子表面上から移動だけですが、加熱により温度が融点に近づくにつれ粒子内部からも移動を始めます。(内部拡散)互いの粒子がしっかりとくっつきあうようになり、強度を増していきます。
戻る

5 サイジング

焼結によって得た素材を再び型に入れて圧縮し、精度の高い寸法、形状を得ることです。
サイジング

5 サイジング 機械部品 後加工、後処理

サイジング 機械加工 コイニング 熱処理 カシメ バレル研磨 圧入 スチーム処理 油浸 樹脂含浸
戻る

6 真空含浸

形状・寸法が整えられたワークに対して、真空油浸釜内にて油の含浸を行う工程が真空油浸です。ワークを油の入った油浸釜に入れ密閉し、減圧して含浸を行います。空気など気体は気圧の変化によってその体積が変化する性質があります。(ボイルの法則)この性質を利用しワークに油を含浸させます。 メカニズム

6 真空含浸

戻る

7 製品

このようにして様々な製品が出来上がります。 製品
1 原料粉末 2 混合 3 成形 4 焼結 5 サイジング 6 真空含浸 7 製品